NTCIR-13 MedWeb

近年,多くの医療記録がこれまでの紙の媒体に代わり,電子媒体の形式で作成されるようになっており,医療分野でのデジタル情報処理の重要性が増しています.さらに,このトレンドは医療者によって作成される電子カルテだけでなく,患者による様々なテキスト,マイクロブログテキストやブログテキストなどにも広がっています.

NTCIR-13 MedWeb (Medical Natural Language Processing for Web Document) タスクでは,患者によるテキストを用いて言語処理の課題に挑んでいます.具体的には,8つの病気または症状(インフルエンザ,下痢/腹痛,花粉症,咳/喉の痛み,頭痛,熱,鼻水/鼻づまり,風邪)のマルチラベルが付与された擬似ツイートテキストを構築し,日本語コーパス,英語コーパス,中国語コーパスの3つのコーパスを配布しています.

MedWebタスクで得られる成果により,ソーシャルメディアにおける患者らの声を有効に活用し,医療をサポートする実用的なシステムを生み出すことを目指しています.